ソーシャルネットワーキング 2011年10月
  1. 無料アクセス解析

2011年10月

2011年10月 に関する記事です。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[RSS] [Admin] [NewEntry]

どうも。 久しぶりですね。 久しぶりかどうかはわからないけどふっふぅ

■先日、思い立ってあるオートレストランに行ってきました。名は「オートパーラーシオヤ」 千葉県は成田市にある憩いの場です。


着いた頃には日が沈んでいた。明るいうちに撮りたかったなぁ


中はこんな感じ。手前から菓子の自販機、カップ麺自販機、うどん・そば自販機、ジュースの自販の隣がハンバーガー自販機、カレーライス自販機、画像左端にあるのが弁当自販機。菓子とカレーライスと弁当の自販機は非稼働だった。

 
まずはハンバーガーだ!ホッカホカである



その次はおそば! 麺にまったくコシが無いが、アレだ、ソフト麺食ってると思えばいい。関西風の薄味。

そこにいたライダーの方とちょっとお話をしたが、海沿いにココみたいなところがあるとか・・・。 今度行ってみよう。

■今日は今日で、筑波実験植物園で催されているきのこ展に行ってみた。


中にはチープなきのこゲートが。 去年もそうだったが。


チンコがホルマリン漬けにされてました。


外のテントにはきのこの標本が。


ベニテングタケとか胸熱ですよね。



人あるところにきのこあり。そんぐらいの賑わいぶり。カラカサタケの夫婦。 すこしカビてた。


ドクツルちゃんマジ天使


去年に比べると発見数は少なめ。

あるご老人がきのこの撮り方について教えてくれたので今度やってみよう。

■どうでもいいことではあるが、今の仕事を来年か再来年あたりにやめようかと思う。なんか ピ ー で ピ ー で嫌気がさしたので。 前々からだけど。

やめようと決意した瞬間急にポジティブ思考になりました故。 さすがに男子たるやニートになるわけにはいかないので別の職は探すつもりだけど。
スポンサーサイト

[RSS] [Admin] [NewEntry]

雨降りしきる

■今日は筑波宇宙センターの特別公開があったのでぶらりと行ってきました。 




これは巨大かまぼこを作る設備だそうです


テンションあがってきた


はやぶささん

っとまぁ、例年行ってるこの特別公開、普段一般ピープルが入れないところまで入れるので興味ある方は来年の春頃に

■特別公開の見学から早々帰ってきて、一眠りして起きた。急にあらいやオートに行きたくなって車を出した。
とりあえず125号を稲敷方面にかっ飛ばせば着く。


テレビで幾度か取り上げられて、気になっていたので今回GOした。中々の貫禄である。


自販機の他に脱衣系ゲームがずらり。


で、肝心の弁当だが300円を突っ込んでボタンを押せば出てくる。 ホカホカである。

 
今回はから揚げ弁当と焼肉弁当をmgmg。 味は・・・ 美味い。腹ペコだったのとそこの雰囲気か補正もあるかもしれないけど、実に美味い。 米が美味い。そしてメインのおかずも味付けは保存性を高めるため濃い目であったが、量は多すぎず、なんていうか・・。 箸が止まらない。 ハムッ ハフッ ハフッ


そんな食事の様子を見ていたぬこ

意外にも利用客が多く、わちきがmgmgしている間にも多くの人が来た。 なんだかんだで愛されているんだなぁ。

今度は明るい時に行こう!


他の方が撮った動画も


[RSS] [Admin] [NewEntry]

私は車で久しぶりにグンマーへ行った。 

■今回はグンマーの奥地にある防空壕兼対空防御拠点である土合駅に行ってきた。

道のりはいつもより険しく、県境で検問にかかったときはさすがに覚悟をしたが、意外にナントカなった。

いつもはグンマー・トチギ軍事境界線から少し行ったところにしか行かないから今回の旅は未知であった。

軍事境界線付近での迫撃砲や機銃の音にも慣れ、奥へ奥へと進んでゆく。

道中、我々の文化圏ではほとんど見かけなくなったトーストやうどんの自販機を見つけた。 我々が使わなくなったぶん、彼らが使っているのだろう。 話を聞いた

お店のグンマー人「コレ、アタラシクテニハイッタ ソウジヤ ホキュウタイヘンダケド、ミナ、タベテクレル。ナカニハマニアノニンゲンモ クル」

だそうだ。

 

機体も意外と綺麗であった。グンマーも観光で食っている人がいるからそれなりにやっているのだろう。


ハムチーズトーストとてんぷらうどんを食べた。 味はとびきり美味いわけでも不味いわけでもなく、普通だった。 だが、いつ死ぬかわからない身、食い物に文句を言ってはならない。特にこういったところではな。

奥地へ進むにつれて戦闘もなくなってきた。実に穏やかな、風景が広がっていた。紛争が無ければこうも平和なのかと、つくづく思った。

道中数回の補給をし、出発から30時間、ついにグンマーの防空壕兼対空防御拠点で、さらに電車の駅という土合駅についた。 奥地ゆえ人はまばらかと思いきや、兵士でにぎわってた。 なんでも、グンマーを超えるとニーガタという地があるらしいのだが、行ったものは皆帰ってこなかったという。




ホームまではかなり遠い。空襲の際は多くの人が来るそうだが、私が行った時分には空襲はなかった。

地下ホームは暗く、小寒かった。 さらに進もうとしたが兵士によって止められた。 おそらく対空兵器の制御関係のモノでもあるのだろう。 

あるていど写真を撮り、私は帰路についた。 




[RSS] [Admin] [NewEntry]

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。